思考のヨガをし続けること

去年、コロナで全く動かさなくなってしまった体に危機感を覚え、当時にわかに盛り上がり始めていたオンラインヨガに入会した。

初めのうちはよかった。

毎朝、寝起きのボサボサ状態で30分〜1時間体を動かす。

ヨガに特別興味を抱いていたわけではなかったが、それでもインストラクターの方が指示してくれるままに動いているだけで体の筋が伸ばされ、終わった頃には頭も少しスッキリしている。

すっかりハマりきって平日はヨガで1日をスタートする日が続いた。

 

終わりは1ヶ月後、突然訪れた。

ぎっくり腰になった。

ずっと運動という運動もしていなかった体にいきなり毎朝のヨガをぶち込んでしまったからだと思う。

しばらくは長座ができず、1ヶ月くらいはほぼ床に転がっていたと思う。

病院に行ってリハビリをするも完治には程遠く、ヨガどころの騒ぎではなくなってしまった。

 

その後色々あって、最終的に軽めのランニングに落ち着き、結局ヨガとはお別れを告げてしまった。オンラインヨガも解約した。

いっときの楽しみをありがとう。

 

でも最近になって、あの短期間だけ集中的にやっていたヨガのちょっとした精神みたいなものが自分の中に小さく根付いていることに気づいた。

それは「思考でヨガ」をするということ。

 

体を動かすヨガをやっていた時は、ヨガは体の動きを通じて心身を調整するものだと考えていた。

ところが最近、日常のなんでもない瞬間に「あぁ、今ヨガしているなぁ」と感じることがある。

些細なことを考えている瞬間、日常生活の改善事項について頭の中であれこれブレストしている時の感覚は、ヨガで得ていたある種の快感に近しいものがある(気がする)。

 

逆に腰を落ち着けて思考ができない時、情報を受動的に受け取ってばかりでアウトプットをしない時はそこはかとない不快感が頭の中に滞在し続ける。体でいうと気の流れが滞るとか、血流が悪くなるとかそういう感じ?

 

調べると「ヨガ」とは調和やバランスを指す言葉だそう。

体を動かす健康法としてのヨガを学んでいるつもりだったが、(残念ながらそっちは失敗して)思考でヨガをすることが恐らくできるし、それは結構有用だという結論に今のところ至った。(ここまでヨガヨガ言うと、しかも思考がどうの言い出すとちょっと怪しい感じになってくるけど)

 

一瞬だったけどやってみてよかったな、ヨガ。

思考のヨガは多分一生忘れない。何しろ自分が快適なので。